グッズ

【愛犬の写真で作る】ペットクッションレビュー

ペットクッションのレビューをさせてもらいます。
今回、初めて作ってみてぶっちゃけると1度失敗しました。
そして再作成を依頼しました。

これは、作ったことがある人にしかわからないと思いますので真面目にレビューさせていただきます!!
(いつも真面目にレビューしていますよ(笑))

作ったきっかけは、2020年の2月に愛犬を亡くし愛犬との思い出を形にしたくグッズを作りまくっていました。
アルバム、パネル、合成写真、マスキングテープ、ケーキなどなど。。。

≪ハイクオリティ≫犬の合成写真サービスについて 2020年の2月に愛犬のゴールデンレトリバーておちゃんが亡くなりました。絶賛ペットロス中ですが、慰めになるのは写真や動画です。ただ、も...

そのひとつにクッションがありました。
正方形のクッションもありますが、できれば体全体が入るものがいいなとおもい、思い切って作ってみました♪

こんな方におすすめ
  • ペットクッションに興味がある方
  • 価格や作り方を知りたい方
  • ペットクッションのクォリティーを知りたい方
  • ペットロスの方
teoteo

是非、参考にしてみてください

写真で作るオリジナルペットクッションの作り方

【作り方】とかどーーんと書いていますが、もちろん私が作るわけではありません(笑)

私はこちらの業者さんにお願いしました。

電脳プリントサービス

①写真選び

まずは、どの写真をクッションにするのか決めましょう!
やはり表情が良くてうちの子らしい写真がいいですね。
その際、正面から撮った写真を選びましょう。
今回、私は表情優先で少し上から見下ろしたような写真で作成してしまいました。
※注意※私は表情が気に入っているので良いですが、気になる人は気を付けてください

具体例

【NGな角度】

愛犬を上から撮るような形だと頭が大きい写真になってしまいます。
これはこれで可愛いのですが、クッションとしては不自然になります。

【おすすめの角度】

なるべくなるべく、愛犬の目線になるように撮影しましょう。
小型犬なら寝そべって撮影しても良いと思います。

公式のページには下記のようなお写真がおすすめと記載されています。

  • 体全体が写っている写真
  • 体の境界線がハッキリしている写真
  • 明るい写真
  • サイズが大きく、ピントがあっている写真

②サイズ選び

写真が決まったらサイズを決めましょう♪

画像提供:電脳プリントサービス

うちはゴールデンレトリバーの大型犬なので、迷わずLLサイズを注文しました!
45㎝正方形のクッションと並べるとこんな感じです♪

ぎゅーっと抱き着きたくなる大きさでいい感じでした♪

③素材と価格

【素材】
生地:トロマット
中綿:ポリエステル
サイズ:S:30cm/M:40cm/L:55cm/LL:70cm
【価格】
S:30cm 4,400円
M:40cm 5,500円
L:55cm 9,900円
LL:70cm 13,200円
別途:送料660円
※商品価格30,000円+税以上で無料。
※※実際にご購入の際は公式ページをご確認ください。

④会員登録と決済

写真とサイズが決まったら会員登録をして、決済します。
ここはネットショッピングと同じ要領ですね♪
写真付きでこちらに詳しい登録と決済方法の記載がございます。

⑤データ入稿

データ入稿するのも手順に沿って進めばわかりやすくなっています。

データを入稿すると翌日ぐらいにこのぐらいで裁断して作成しても良いですか?と確認のメールをくれます。

問題なければ、メールに返信して納期2週間ほどで届きます!

⑥完成

作製の注意点

ココが私の一番注意してほしいPOINTです!!


私は確認メールにそのままOKしていまい、完成した時に犬の余白幅がなく、
出来上がったクッションは写真の愛犬が歪み、正直可愛くない仕上がりとなってしまいました…。これには大変ショックでした…。

失敗してしまった時の余白幅3cmでした。
再作成の時は、余白幅7cmに変更して作りました。

比較したものがこちらです。

作り直して良かったと思うぐらい出来栄えが違います!
実際に作る場合は、余白をしっかりとってもらいたいと思います!!
(これが一番伝えたかった!(笑))

オリジナルペットクッションのクォリティー

プリント自体はとても綺麗に印刷されていました!
亡くなった愛犬の替わりにはなりませんが、このクッションが目の端に移るたびにうれしくなります。
家の中が明るくなった気がします。

参考になればうれしいです♪

グッズカテゴリーでは私の使っているグッズのレビューやオリジナルグッズを紹介してます。
よかったら覗いてください♪