ごはん

【トッピングレシピ】野菜のゼリー寄せ

今回は、手作りごはんやドッグフードにトッピングできる
野菜のゼリー寄せを作ってみました。

基本的に私は、包丁で切ったりするのが苦手なので
ずぼらな手作りごはんを作ってきました。
今回は、私が神器と崇めている≪フードプレッサー≫を封印してつくりました…( ノД`)シクシク…

teoteo

でも、作り方はとっても簡単なので、参考にして下さい。

こんな方におすすめです♪
  • カロリーの低いトッピングをしたい
  • 手軽にドッグフードにトッピングしたい
  • トッピングの作り置きをしたい
  • 愛犬のごはんのかさ増しをしてあげたい
  • トッピングを作り置きしたい

野菜のゼリー寄せのおすすめポイント

①ドッグフードにかければ水分をしっかりとれる

保存食であるドッグフードは水分5~10%ほどしかありません。
お手元のフードのパッケージ裏をみると【新鮮なお水をたっぷり与えてください】と書かれているはずです。
野菜のゼリー寄せをトッピングすることによって十分な水分を取ることができます。

teoteo

ドッグフードを食べているけど、
お水をあまり飲まない子には特におすすめですね!

②食べ応えがあり、ごはんをかさ増しできる

約5キロの小型犬のドッグフード給餌量は1食55gです。
どのくらいの量かというとMサイズの卵1個くらいです。
一瞬で食べてしまいますし、もっと食べたいとねだる子もいるのではないでしょうか。
そんな愛犬に簡単にかさ増しすることができます。

teoteo

うちの約5キロのチワワは手作りごはん80g~90g食べているのに、お腹がすくと朝方『くぅーんくぅーん』とお腹すいたアピールしますが、野菜のゼリー寄せで量を食べるようになって鳴かなくなりました!

③夏などの暑い時期はおやつにもなる

夏場は山羊ミルクもいれておやつ替わりも良いと思います♪
ヘルシーデザートですね!

④加熱した手作りごはんと混ぜて手軽に冷ませる

手作りごはんを作っている私にとっては、かなり良かったポイントなのです。
温めたごはんを冷ますために時間を置いたりすると、『まだかー!!』と騒がれるのが嫌でした。
しかし、冷蔵庫にあるゼリー寄せを入れて混ぜれば適温☆
すぐに与えられて、とてもよかったです♪

⑤カロリーが低い

寒天と野菜なのでかなりカロリーは低いです。
具材となる野菜を根菜系にするとカロリーは上がるかもしれませんが、
いろんな種類をバランスよく入れれば、根菜類の割合が減るので気にならないと思います。

⑥見た目が可愛い

赤系、緑系、黄色系の野菜を入れることでかなり映えるとおもいます♪
今回、私はオクラを星代わりにトッピングしてみました。

野菜のゼリー寄せの作り方

①野菜選び
可愛くしたい場合は、カラフルにするとよいと思います。
私は、パプリカ(黄)、ピーマン、かぶ、にんじん、南瓜、オクラ、ラディッシュ、しいたけを入れました。

②ひたすらカット!!
野菜は大きすぎると消化されませんので、
なるべく小さめにしたいところですが、
トッピングという意味合いもあるので私は小指の爪サイズにしました。

具材が小指の爪より全然大きいような気がしますが、気にしません!(笑)

③寒天投入
寒天はお水に入れてから煮立たせます。
沸騰してから入れるとだまになったまま水に溶けず、最終的に全体で固まらないようなので、注意しましょう。

④野菜を煮込む
几帳面なかたは根菜類→葉物へ火の通りやすさで入れるタイミングをわけましょう。
ずぼらな私は気にせず全部いれました!(笑)

⑤タッパーに入れて冷ます
粗熱が取れたらタッパーに流し込みます。
寒天は常温でも固まりますが、私は冷蔵庫へいれました。

※友人のわんこにお裾分けする為、いっぱい作りました♪

固まってから包丁で分割する切れ目を入れました。
最初にこれをしておくと、分量がわかってトッピングしやすくなりました。

実食!

うちの子にとっては、具材が大きかったようでしっかり噛みながら食べていました!
普段の手作りごはんは丸のみなので、私的には噛んで時間をかけて食べてくれて嬉しいです♪
後日、排せつ物を確認するとにんじんは形を保ったまま出てきてました。
まぁ、トッピングとして入れているので許容範囲かと思います。

teoteo

作った直後は、野菜のカットがめんどくさくて、頻繁には作らないなと思いましたが、実際にトッピングしてみると楽ですし、愛犬が喜んでいるのでまた作ってあげようと思います!
朝方にぴーぴー鳴かれず寝坊できるのも大きな理由です(笑)

以上、トッピングレシピでした!
参考になればうれしいです。