アウトドア

想い出は動画で!GoProで撮影する犬の水中撮影

夏の季節になり、我が家では恒例の川遊びがスタートしました♪
想い出を残すために写真も撮りますが、動画も躍動感があってとってもいい感じです。

teoteo

今回は、GoProでの撮影方法や撮影した動画の紹介を致します。

水中撮影で使った機材

  • Gopro ドームポート7

我が家は GoPro7バージョンを買いました。
いまは GoProの他に小型の動画カメラが沢山出ていますが、アクセサリー類も豊富な GoPro を購入しました。

teoteo

あと、 GoPro 8が出たばかりで GoPro 7が安かった理由もあります(笑)


  • Gopro ドームポート

水中での撮影のため、こちらを購入しました。
こちらの商品を使わなくてもGoproは水中に入れられますが
、陸上と水中両方撮影したい場合は、こちらをつかうと綺麗に撮れます。


  • 予備電池

本体を買うと電池がついてきますが、
夏場や冬場に使うことがあり、すぐに電池が充電切れになるので、
予備バッテリーとしてこちらも使っています。
短時間撮影でも、その後にすぐ動画編集したい場合があるので重宝しています。


実際に撮影した動画

こちらが実際に撮影した動画です。

一緒に水中の中で撮影するのはめちゃくちゃ楽しいですし、
想い出として確実にその時の想いや環境を思い出します。

teoteo

【おまけ】ドッグランでの撮影はこちら!
ドームポートは使ってませんよ

犬を水中撮影するときのコツ

①Gopro の角度

英語で書かれていますが、この図の通りです(笑)
水中に入れすぎると脚ばっかりになってしまいます。
どちらかと言えば、愛犬の表情も大事なので陸側の割合が多くても躍動感がでます。
この写真では、取っ手が水中に入っていますが、
犬の撮影では取っ手が陸側で撮ることが多いです。

②犬の泳ぎ

犬を泳がせるときのコツとしては、犬が水平に泳いでくれると絵になる撮影となります。
飼主は犬から距離を取って撮影するのが好ましいです。
飼主に向かって泳がない場合は、大抵陸に上がろうとするので、沖まで連れて行って、
飼主は陸を背中に撮影するとうまくいくと思います。

【良い例】

体が水平になるように距離をとると体が横向きになるので
上手な泳ぎ方の一歩になります。

泳がせ方の詳細はこちらのブログに記載しています。

【犬が溺れている!?】犬の泳ぎ方とは?? 初めて愛犬と海や川に遊びに行って、お水に入ったら必死の形相で泳いでいる愛犬、水しぶきをバシャバシャたてながら泳ぐ姿、こんな愛犬の泳いで...

撮影した動画は想い出とSNS

撮影した動画は個人で思い出として楽しむのはもちろんですが、
このご時世ですので、SNSに公開してみましょう♪

teoteo

私のTwitterアカウントではプチバズりました♪
沢山の方に褒めて頂き、飼い主大変嬉しかったです!

誰かの参考になればうれしいです♪